お重箱の端っこには絶対、必ずいてほしい「田作り」

お重箱の端っこには絶対、必ずいてほしい「田作り」

 

おせちには新しい年を迎える「感謝」「喜び」「祝い」「祈り」などの心が込められています。品数を多くつく年も、シンプルにする年も、祝い肴の三品「田作り」「なます」「かずのこ」と「黒豆」だけは用意したいものです。

 

多分、一年に一度しか食卓に上がらない「田作り」も長い時代を経て残ってきたものです。一年に一度でも作る価値はあります。次世代へ残したい料理です。

 

「田作り」とは田畑の肥料であったイワシに豊作の願いを込めたものです。電子レンジで簡単に作れる「田作り」を紹介いたします。

 

【材料】
ごまめ(カタクチイワシの幼魚を煮干しにしたもの)50g 酒1/2カップ 砂糖50g みりん1/4カップ 醤油大さじ1 水飴大さじ1/2 青のり・炒り白胡麻・七味唐辛子(各少々)

 

【作り方】
1.)ごまめは耐熱皿に重ならないように並べ、ラップをかけずに電子レンジで3分加熱。

 

2.)鍋に酒、砂糖、みりんを合わせて中火にかける。煮詰まって泡が大きくなり始めたら、醤油と水飴を加える。

 

3.)1のごまめを入れ、中火のまま手早く絡めて火を止める。

 

4.)平皿やバットに移し、タレを絡めながら広げて冷ます。

 

タレが緩いと思っても冷めると丁度よいかたさになる。熱いうちに青のり、ゴマ、七味唐辛子をふってひとまぜする。青のりやゴマの代わりに刻んだナッツでもOK。