おせち料理の主役「和風ローストビーフ」を作ります。

おせち料理の主役「和風ローストビーフ」を作ります。

簡単に作れるのに迫力、食べ応え満点。
そしてとっても美味しいのです。
肉や魚のタンパク質は65度を境に生から火が入った状態に変わります。
「軽く火が入りながらも生」というギリギリの状態の時にうまみが際立ち一番美味しくなります。
【材料】牛モモ塊肉400g 生椎茸2枚 わかめ(戻したもの) クレソン1束 すだち(半割りにしたもの2個) 《煮汁》出し昆布5cm角1枚 酒大さじ3 水大さじ2 醤油大さじ2 胡椒少々 ?水あめ大さじ1《黄身おろし》大根おろし(水気を絞って)100g 卵黄1個?塩・サラダ油【作り方】1.)牛肉にたっぷりの塩をふり、20分間おく。
2.)フライパンにサラダ油を熱し1の表面を強火で焼き付ける。
熱湯に通し、水気を拭き取る。
3.)フライパンに煮汁の材料と生椎茸を合わせて煮立たせ、2を入れて蓋をする。
途中で1~2回ひっくり返しながら弱火で10分ほど煮る。
肉と椎茸、昆布をバットに取り出し、肉が常温に冷めるまで寝かせる。
4.)フライパンを傾けて煮汁を煮詰め、泡が大きくなり焦げる手前で水あめを入れてなじませる。
5.)牛肉の汁気を切って、肉の筋を切るように5mmの厚さに切る。
6.)大根おろしに黄身を混ぜる。
5を器に盛りつけて、わかめ、クレソン、椎茸、すだち、黄身おろしを添え、煮汁をソースにしてかけながらいただく。
飲む1時間前にコルクを開け、室温に戻した甲州産の赤ワインを大きなワイングラスでキュイッといきますか。
エンドレスの美味しさ。