おせちに花を添えましょう「菊花かぶら」と「酢レンコン」

おせちに花を添えましょう「菊花かぶら」と「酢レンコン」

レンコン(蓮)は穴が空いていることから来年も見通しが良いようにと、縁起の良い食材のひとつです。
「菊花かぶら」は本当の菊のようにお重に花を咲かせてくれます。
ちょっと手間がかかりますが、お正月ですから!【材料】レンコン1/3節 カブ5個 《三杯酢》酢1/2カップ 砂糖大さじ1と1/2 塩小さじ1/2 薄口醤油小さじ1/2*赤唐辛子の小口切り 黄柚子の皮 塩【作り方】1.)レンコンは皮をむき、お好みの厚さに切る。
輪の周りの穴と穴の間をV字型になるように切り落として花形にし、分量外の酢水に漬ける。
2.)カブは洗って、天地を落として2cmの厚さの輪切りにした後、四角形になるように周囲を切り落とす。
厚みの2/3くらいまで縦、横に細かく切り込みを入れる。
全体に分量外の塩をふり、しんなりして水が出たら水洗いして塩を洗い流す。
切り目とは逆の面に十時に包丁目を入れて四等分に割る。
3.)ボウルに三杯酢を合わせておく。
赤唐辛子も入れる。
4.)鍋にたっぷりの湯を沸かし酢を入れてレンコンをサッと茹でる。
5.)レンコンが熱いうちに3の三杯酢に漬ける。
水気をよく切ったカブも漬ける。
1時間以上漬け込む。
時々、上下を返しながらよく味を含ませる。
カブを盛り付ける時には、指で押して切り目を広げ、真ん中に赤唐辛子の輪切りを留める。

黄柚子も同じように飾り付ける。
盛り付ける時には緑色の葉(春菊の葉先の柔らかい部分)を下に敷いてから並べると美しい。