おせち料理のお刺身に「鯛の昆布じめ」はいかがですか?

おせち料理のお刺身に「鯛の昆布じめ」はいかがですか?

 

 

おせちのお刺身はマグロと鯛かヒラメの紅白で盛り付けます。いつもよりお正月らしく防風や紅たでを多めに添えて彩りよく盛り付けましょう。

 

【材料】
鯛の昆布じめ用:刺身用鯛1サク 昆布(鯛と同じくらいの大きさ)2枚 塩(魚の約2%) マグロ(刺身用1サク) 大根の千切り 青じそ 紅たで 防風 すだち わさびのすりおろし

 

【作り方】
1.)鯛は両面に塩を振り、網にのせて冷蔵庫で約10分おく。
2.)昆布はさっと洗って水気を拭く。
3.)鯛から出た余分な水分をキッチンペーパーでよく拭き取り昆布で挟む。
さらにラップで包み冷蔵庫で30~40分しめる。
4.)冷蔵庫から鯛を取り出し昆布を外し5~6mmの厚さに切る。
マグロも食べやすい大きさに切る。
器に大根の千切り、青じそを敷き鯛とマグロを盛り合わせ、紅たで、防風を添える。
好みでスダチを絞り、わさびと醤油でいただく。
昆布に挟んだまま長く置くと昆布の粘りや香りが付きすぎるので、食べる時間に合わせて、仕込む時間を調整してください。
長くても1時間までとしてください。
それ以上は昆布を取り除きラップに包んで冷蔵庫で保存します。
使った昆布はお味噌汁や吸い物に使ってくださいね。
ビールですか?やはりキンキンに冷えた御猪口にキンキンに冷えた甘口の純米酒でしょうか。
白ワインも合いそうです。
大根の千切りも青じそもお刺身と一緒に召し上がってください。

年の初めの乾杯はいちいち台所に立たなくても大丈夫です。
おせちがありますから。