細く長く幸せに!おせち料理の定番「たたきごぼう」を作りましょう

細く長く幸せに!おせち料理の定番「たたきごぼう」を作りましょう

黒豆

 

細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは縁起の良い食材としておせち料理には欠かせないメンバーです。たたきごぼうは柔らかく煮たごぼうを叩き、身を開いて、開運の縁起をかついだもの。

 

宮中で正月に配られる花びら餅の芯にもごぼうが用いられ、大切に扱われています。ごぼうの土っぽい香りを生かしつつ、まろやかでコクのあるゴマソースをからめました。

 

【材料】
ごぼう1/2本(100g)《A》だし・・カップ1と1/4 醤油・・大さじ1と2/3 みりん・・大さじ1と1/3 酒・・大さじ1と1/3 砂糖・・大さじ1/2 《B》豆乳(無調整)・・大さじ1~2 白ごま・・5g 砂糖・・大さじ1/2 たまり醤油・・小さじ1 ?白ごま・・適量 ?酢・・少々

 

【作り方】
1.)ごぼうは長さを4cm、太さを2~4等分に切る。酢少々を加えた熱湯で、竹串がスッと入るまで茹でる。

 

2.)鍋にAとごぼうを入れ、弱めの中火にかけて煮る。

 

3.)10~15分煮たらごぼうの1/3量と煮汁大さじ2を取り出し冷ます。鍋に残ったごぼうは、指でつぶれるくらいまで柔らかく煮て取り出し、すりこ木で叩いて冷ます。ソースが絡みやすくなるよう軽く繊維を崩すイメージで叩く。

 

4.)3で取り出したごぼうと煮汁、Bをフードプロセッサーで撹拌し、ゴマソースを作る。3で叩いたごぼうをゴマソースで和え、一口大にまとめて盛る。白ごまをふる。

 

従来のたたきごぼうより軽い食べ心地が喜ばれそうです。