今年も一年健やかで入られますように!おせち料理の「黒豆」を作ります

今年も一年健やかで入られますように!おせち料理の「黒豆」を作ります

暮れの大掃除が終わったら、やってくる新しい年を迎える準備をしましょうか。
基本はお雑煮さえあれば、お正月を迎えられます。
おせちは品数をたくさん作る必要はありません。
おせちは丁寧に作り、きれいに整えるところに意味があります。
豊かになれるようにきれいに、きれいなお正月らしいお料理を添えましょう。
豆を戻したり、蜜を含めたりと3日かかりますが、実際にかかりきになるのは2~3時間です。
他の家事をしながらでも作りたい柔らかく艶のある黒豆です。
【材料】黒豆(乾物)300g《煮汁》砂糖250g醤油1/4カップ塩大さじ1/2重曹小さじ1/2水10カップ*サビ釘100g(ガーゼに包んで黒豆と同じタイミングで入れる)【下ごしらえ】黒豆を洗って水気を切る。
鍋に煮汁の水を煮立て、調味料と重曹を入れて火を止め、黒豆を入れて一晩おいて戻す。
サビ釘も入れる。
【豆を煮る】一晩おいた鍋を強火にかけ、浮いてくるアクを取る。
さらに差し水1/2カップをして再び煮立て、アクを取る。
これを2~3回繰り返す。
アク取りが終われば落し蓋をし、鍋蓋もして、極弱火で8時間煮る。
(途中、煮汁が少なくなったら適宜湯を補う)煮汁がひたひたになり、豆が柔らかく煮えたら、火を止めて、そのまま冷まして味を含ませる。
*計8時間を目安に数回に分けて煮ても良い。

自分のペースで進めてください。
さあ出来上がりました。
お正月の清々しい食卓は家族の心を清らかにあらためてくれます。