おせちで年迎え!「黒豆」を毎年作れる幸せ

おせちで年迎え!「黒豆」を毎年作れる幸せ

長く暑かった夏を記憶に残しながら、あっという間に過ぎた秋を見送り、今年も年末がやってきました。
季節は巡ってきます。
クリスマスが過ぎ、仕事納めを済ませたら新年を迎える準備の始まりです。
いそいそと黒豆から作り始めましょうか。
暮れの乾物屋さんには新豆が並んでいるでしょうか。
豆は「まめに暮らす」に通づるとか、当たり前のように毎年作りたいものです。
【材料】黒豆250g 水5カップ (A)砂糖150g 醤油大さじ1 塩小さじ1/4 重曹小さじ1/2【作り方】1.)鍋に分量の水とAの材料を合わせて一煮立ちさせ、砂糖をよく溶かします。
火を止めて冷ます。
2.)黒豆を洗いながら、水に浮く豆や破れた豆を取り除く。
ザルに上げて水気をよく切る。
3.)1に黒豆を入れて一晩おく。
4.)3を火にかけ、煮立ったらアクをすくい取り、蓋をして弱火で20分煮る。
落とし蓋に替えてさらに30分煮る。
豆が柔らかくなったら火を止め、そのまま煮汁の中で冷まして味を含ませる。
*新豆の場合は豆が早く柔らかくなり、煮汁があまり煮詰められないので、柔らかくなった豆と煮汁に分け、煮汁だけを小鍋で煮詰め、再び豆と合わせて味を含ませる。
黒々と日焼けするほど「まめ」に働けるよう健康で入られますようにという願いが込められている黒豆。

黒豆には欠かせない赤く染められた「チョロギ」を添えて盛り付けましょう。
漢字で「長老喜」「千代呂木」と書き、縁起の良い食べ物です。